日本

データアーカイブ用 LTOテープストレージシステム

ディターニティ オンサイト アーカイブ
[アタッチモデル]

NEW

LTOテープとは

富士フイルムは、世界生産シェアNo.1*2のLTOテープメーカーです。

LTOテープは、オープン規格の磁気テープシステムで、最新のLTO 8では1巻あたり12TBのデータが保管でき、現在はLTO12(144TB)までロードマップが公表されています。

多くの企業や組織では、IoT・DX等の推進、画像・映像などの非構造化データの増大などにより、大容量データをいかに安く安全に保管するかが課題となっています。以前はバックアップ用途が多かったテープストレージですが、新たな利用価値として、大容量データのアーカイブ用途に活用・注目されています。

LTOテープの主な特徴

「ディターニティ オンサイト アーカイブ [アタッチモデル]」は、既存のストレージに後付けし、LTOテープへデータを自動退避させる仕組みを導入できるストレージシステムです。LTOテープの特長を最大限に活かし、アクセス頻度の低いデータを低コストで効率的に管理・保管できます。

柔軟な自動階層化機能で、アーカイブ運用を効率化

アクセス頻度やファイルサイズなどでLTOテープに移動したいデータの条件を設定できます。システム担当者の負荷をかけずにデータアーカイブ運用を効率化できます。
運用についての詳細は本システムの紹介ムービーにてご紹介しております。

ディターニティ オンサイト アーカイブ [アタッチモデル] のご紹介

データアーカイブにLTOテープを活用する理由や最新業界資料をご提供(無料)

クラウドネイティブ時代のデータ活用・保管を効率的かつ安全に実現するインフラの構築に役立つ資料をダウンロードいただけます。

【資料例】 他多数資料をご用意しております

  • 世界のプラットフォーマーが採用する「テープストレージ」とは
  • 「Googleがテープを使う」データ保管の考え方
  • HDD等、他システムとテープシステム比較
  • イベントセミナーレポート
  • 製品カタログ 他
  • *1 LTOはHPE社、IBM社、Quantum社が共同策定した磁気テープ記憶装置のフォーマット。Linear Tape-Open、LTO、LTOロゴ、UltriumおよびUltriumロゴは、HPE社、IBM社およびQuantum社の米国およびその他の国における登録商標です。
  • *2 当社調べ。