日本

データアーカイブ用 LTOテープストレージシステム

ディターニティ オンサイト アーカイブ
[アタッチモデル]

NEW

既存ストレージにLTOテープへのデータアーカイブ機能を簡単追加

既存のストレージとLTOテープライブラリを接続。既存のストレージからLTOテープへアーカイブデータを自動退避させる仕組みを導入できるストレージシステムです。

ストレージの容量削減、保管コスト削減に貢献いたします。

柔軟な自動階層化機能で、アーカイブ運用を効率化

既存のストレージ内のデータは、アクセス頻度やファイルサイズなどの条件だけでなく、ファイル名や拡張子単位で、アーカイブポリシーを設定可能です。システム担当者の負荷をかけずにデータアーカイブ運用を効率化します。

製品紹介動画

図:利用イメージ

ディターニティ オンサイト アーカイブ [アタッチモデル] の特長

コストを抑えた導入
拡張子単位のアーカイブも可能
複数のストレージに接続可能
テープに移行後も
既存システムから簡単アクセス
運用が簡単

企業の「データ保管」に関する課題とは?

低コスト化を実現する磁気テープ「LTOテープ」とは

容量単価に優れ、世界的ICT企業や金融機関・研究機関がビッグデータの長期保管に活用しています。アーカイブに最適で高い信頼性・安全性を備えています。

  • * LTOはHPE社、IBM社、Quantum社が共同策定した磁気テープ記憶装置のフォーマット。Linear Tape-Open、LTO、LTOロゴ、UltriumおよびUltriumロゴは、HPE社、IBM社およびQuantum社の米国およびその他の国における登録商標です。