日本

添付文書作成・管理システム

添文 x-Magic

NEW

医薬品、医療機器、体外診断薬添付文書 管理・生成システム。添付文書の作成・改訂を管理し、印刷版下・XML・SGML・HTMLを自動生成。

  • 株式会社陽進堂 様

    “専用システムの導入”と“UDフォントの採用”で先進の添付文書の作成環境を実現!

    NEW

    昭和4年に富山県で創業し、数々の医薬品を世に送りだしてきた株式会社陽進堂。現在はジェネリック医薬品を中心に200品目以上の医薬品の製造・販売をおこなっています。同社では、平成23年10月より医薬品添付文書のPDF、XML・ SGMLの制作システムとして 《添文x-Magic》を導入しています。
    今回、同社の購買部 資材課 吉田 洋二課長、田中 寛子氏、信頼性保障部門薬事部 内山 智浩課長に《添文x-Magic》の導入の経緯や使ってみての効果についてお伺いしました。

    詳しく見る [PDF]
  • テイカ製薬株式会社 様

    医薬品添付文書作成ASPサービスの利用で約30品目の添付文書を内製化。

    NEW

    テイカ製薬株式会社は、点眼剤や貼付剤など外用剤を中心に製造・販売を行っている医薬品メーカーです。先発品も製造していますが、ジェネリック製品とりわけ点眼剤のジェネリック製品を多く製造しています。
    同社では、医薬品の添付文書、お知らせ文書、インタビューフォームを2011年10月より医薬品添付文書作成ASPサービス 《添文x-Magic ASP》を利用して制作しています。
    今回、同社の医薬情報部 西尾 健一次長と営業企画部 学術課 大野 護係長にサービス導入の経緯や使ってみての効果についてお伺いしました。

    詳しく見る [PDF]
  • キョーリン製薬グループ 様

    「ワンソース・マルチパーパス」ドキュメントの一元管理体制が新システムで実現

    NEW

    キョーリン製薬グループでは添文x-Magic導入により、添付文書を起点としたドキュメントの一元管理体制を実現しています。今回は、キョーリン製薬グループの中核企業である杏林製薬株式会社信頼性保証本部安全管理部安全管理グループ高野智司氏に、添文x-Magic導入の経緯や効果、そして新記載要領添付文書への対応についてお伺いしました。

    詳しく見る [PDF]