日本
  • システムインテグレーター M社

    スペックでは分からないレンズの「本当の解像性能」。
    一目瞭然にしたキーツールとは?

    NEW

    システムインテグレーターM社では、ビジョンシステムで検査を行う企業の要望に合わせ、カタログのスペックを基にレンズを選定していました。しかし、スペックが同じであっても、メーカーが異なると解像性能に大きな差が出ることがあり、常にベストなレンズを提供できないもどかしさを感じていました。

    詳しく見る
  • 飲料メーカー E社

    高価なIR(赤外線)対応レンズを使った従来の飲料検査。コストダウンを可能にしたのは?

    NEW

    ペットボトル飲料を製造しているE社では、ボトルに中味を入れ、液面の高さと異物混入の有無を自動検査した後、出荷しています。可視光の乱反射を抑え、プラスチックラベルを透過させなければ検査ができないため、IR光源を利用しています。ライン増築に伴う自動検査システムの見直しに際し、コストダウンを検討していました。

    詳しく見る