社内の名刺管理はシンプルに

ApeosPlus™ Cards R

富士フイルムビジネスイノベーションのクラウド名刺管理ソフトは、
ビジネス向けの機能を搭載し、シンプルで長く使えます。

ビジネスで名刺情報を活用できる機能を提供

ApeosPlus Cards R は、法人向けの名刺管理サービスです。個人管理になりがちな名刺情報を社内で共有しやすくする場を提供します。
ビジネスの現場で名刺情報を有効活用できる機能も豊富に取り揃えています。

 

名刺の取り込み

複合機・スキャナー・スマートフォンを活用して名刺画像を登録することでデータ管理ができます。

名刺情報は、身近な機器で簡単に登録

身近な機器でスキャンした名刺画像(JPEG, PDF, XDW)をドラッグ&ドロップで簡単に取り込めます。
専用のアプリケーションを利用すれば、スマートフォンや複合機、スキャナーからクラウドに直接名刺を取り込めます。

複数枚の名刺を一度に登録

複合機のガラス面に複数の名刺を並べてスキャンした一枚の画像を取り込むだけで、複数枚の名刺を一度に登録できます。

両面一括高速スキャン

自動原稿送り装置対応機種の使用(※オプション)により、複数枚の名刺をサイズぴったりに、より早く・便利に登録することができます。

  • 1回につき最大50枚の読み込み(両面)
  • 名刺100枚の登録作業時間:約1分(30秒×2回)
対応機種はこちら別窓で開きます

※(名刺 原稿送り装置対応機種)の記載あり

Android / iOS の専用スマートフォンアプリを起動して、名刺を撮影するだけで取り込むことができ、商談後の空き時間を利用して名刺登録ができます。

ScanSnapの専用ドライバーを利用すれば、複数の名刺をすばやく登録できます。
※ 対応OS : Windows

詳しく見る

データ化

自動OCRで文字情報をデータ化します。専任オペレーターが文字情報をデータ化するサービスも用意しています。

名刺情報を手間をかけずにデータ化

名刺画像を登録するだけで文字情報をデータ化し、一枚一枚、手入力によってリスト化していた手間を大幅に削減できます。文字情報のデータ化は、OCRによるものと専任オペレーターが文字を入力するものを提供しております。目的や用途に合わせて使い分けることもできます。

登録された名刺の画像から自動的に文字情報を抽出してデータ化します。日本語、英語、中国語(簡体字/繁体字)に対応しています。
また、スマートOCR(オプション)を使用することで、標準OCRよりも高い精度で日本語名刺文字情報をデジタル化することができ、姓・名、会社名のふりがなも付きます。

標準OCR

名刺画像のおもて面の文字を対象にOCRによって自動的にデジタル化します。日本語に加え、英語、中国語(簡体字/繁体字)でも高い文字認識率となっています。

<標準OCRの対象項目>
姓、名、役職、会社名、メールアドレス、電話番号、FAX、国名、郵便番号、都道府県、市区町村番地、所属、携帯電話、URL

スマートOCR

日本語の名刺を対象に、標準OCRよりも高い精度で文字情報をデジタル化します。さらに、姓、名、会社名のふりがな情報も自動で反映されます。

確からしさは画面上で赤、オレンジ、青の3色のアイコンでわかりやすく分類されます。​

登録データの精度判定(確からしさ判定)

スマートOCRを利用の場合、氏名、会社、メールアドレス、電話番号、携帯電話の5項目を対象にデジタル化の精度を判定し、その結果を3段階で表示します。 登録データが正しくデジタル化されているか確認するための作業を軽減するのに役立てられます。

登録された名刺画像の情報を概ね翌営業日までに専任オペレーターがテキストデータ化します。手間無く正確な情報が登録されるため登録の負荷が大幅に軽減できます。
※名刺管理の精度を高めるサービスです。

手軽に高い精度でデータ化

とにかく手間をかけずに高い精度でデータ化したい場合は、利用者が登録したすべての名刺のデータ化を自動でオペレーターに依頼できます。
反対に、選択した名刺だけをオペレーターに依頼する設定もできます。 概ね翌営業日までに入力結果が反映されます。

依頼権限の設定

利用者全員がオペレーターにデータ化を依頼できる設定の他に、特定の利用者だけが依頼できる設定も提供しています。

詳しく見る

社内共有

登録した名刺情報は社内のメンバー間で共有されます。担当引き継ぎも簡単にできます。

名刺情報の社内共有で業務を効率化・コミュニケーションを活性化

登録された名刺は、社内で共有されます。人脈情報を共有することでコミュニケーションが活性化されるだけでなく、引き継ぎ業務も円滑に行えます。共有するメンバーを指定する機能も提供しています。

社内共有

登録された名刺情報は社内で共有されるので、自分が登録した名刺(連絡先)のほかに、社内の他のメンバーが登録した連絡先も閲覧できます。利用者ごとに名刺を登録するだけで、社内の名刺を一元管理できます。

人脈共有

名刺情報には、過去に名刺交換している人の情報も記録できます。誰が、どこの企業の担当者と繋がりがあるかという人脈情報も共有できます。

共有範囲設定(チーム)

予め共有するメンバーを「チーム」として設定しておくことで、登録した名刺情報は、チームに所属する人にだけ共有できるようになります。

このような場合に利用されています

  • 社長や役員の名刺を秘書にだけ共有する(他の従業員には共有 しない)

オブザーバー機能

チームに所属するけれども登録した名刺を共有しないメンバーを設定できます。

詳しく見る

セキュリティ

操作権限の設定やアクセスできるモバイル端末の指定など、セキュリティに関連した機能も提供します。

セキュリティ面も安心

ApeosPlus Cards R は、セキュリティ面でも安心して利用いただけます。

例えば、管理者や一般利用者の区分とは別に、CSV出力やオペレーター入力サービスを使えるかどうかを設定できます。​

ユーザー管理

利用環境にアクセスできるユーザーの追加・削除の管理に加え、ユーザーごとに操作できる権限を設定できます。

アクセス制限

利用環境にアクセスできるモバイル端末やIPアドレスを設定できます。会社貸与の端末や社内パソコンからのアクセスだけに制限する運用が可能です。

パスワード有効期限

パスワードの有効日数を設定することで、パスワードを設定・変更してから設定した日数が経過した際、ユーザーにパスワード変更を自動で要求できます。

二段階認証

パスワード認証の他にもう一つ認証ゲートを追加できます。セキュリティを強固にして利用いただくことができます。

操作・変更履歴

いつ、だれが、何をしたかといった操作履歴や連絡先情報の変更履歴も確認できます。

詳しく見る

オンライン名刺

自分の名刺をオンラインで渡すことができ、相手の名刺画像を取り込んで管理することもできます。

オンライン商談時の名刺交換をサポート

名刺を直接交換できないオンライン商談などのシーンにおいても、オンライン名刺を作成して非対面で名刺交換ができます。

オンライン名刺を作成して、相手に名刺を渡すだけでなく、名刺を渡した相手方からもオンラインで名刺を受け取り、ApeosPlus Cards R に自動で登録できます。

対面のようにスムーズな名刺交換

オンライン会議でも対面のようにスムーズに名刺交換ができます。
WEBブラウザで交換するので専用アプリは不要です。

名刺の受け取りもかんたん

名刺交換の相手もモバイル端末でかんたんに名刺を渡せます。受け取った名刺は自動でApeosPlus Cards R に登録されます。

詳しく見る

データ活用

名刺情報は、エクスポートできるので、他の業務システムでも名刺情報を活用できます。

顧客管理システムとの連携や他システムでの名刺情報の活用を推進

名刺情報は、CSV形式でエクスポートできるので様々なシステムで名刺情報を活用することができます。タグによるフィルタリング機能を使えば、条件に合致した情報だけをエクスポートすることができるので、メール配信や年賀状送付など、特定の人だけにアプローチするリストとしても活用できます。

詳しく見る

名寄せ・重複管理

同一人物の名刺は、最新情報を上書きでき、古い名刺や情報の変更履歴も残せます。

同一人物の名刺は簡単に統合

ApeosPlus Cards R は、名寄せ機能を搭載した名刺管理サービスです。同一人物と思われる名刺候補が存在すれば、自動でお知らせします。同一人物の名刺情報を統合(名寄せ)して管理できます。昇進や部署異動など、名刺情報が変更された際は、変更履歴も記録しておけます。

重複チェック

「氏名」「携帯電話」「メールアドレス」など、重複検出の元になるデータを指定するだけで、同一人物と思われる名刺があれば、自動的にお知らせします。

名寄せ・統合

重複検出された複数の情報は、どの情報を最新情報として残すか選択して、名刺情報を統合(名寄せ)できます。役職、住所等、変更があっても最新の情報に保つことができます。

詳しく見る

検索・整理

タグにより自由にグルーピングができ、必要なときに必要な情報だけをかんたんに抽出できます。

検索やタグ機能を使って名刺情報を効率的に管理・活用

ApeosPlus Cards Rは、目的の情報を表示するための検索機能が充実しています。タグ付けによりグルーピングした名刺情報だけを一覧表示することもできます。必要なときに必要な情報だけをかんたんに抽出できます。

検索

目的の名刺情報は、検索で簡単に表示できます。検索対象者の「氏名」や「会社名」だけでなく、名刺の代表所有者や自分が関連している名刺など、様々な条件で検索可能です。

タグ・グループ

タグを付与することで名刺を自由にグルーピングできます。タグ検索を使うことで目的の名刺を一覧で表示できます。同一人物に複数のタグを設定することもできます。

このような場合に利用されています

  • 年賀状を送る対象者を管理する
  • イベント参加者を管理する
  • 業種を分類する

詳しく見る

名刺情報の管理

名刺に記載のない情報も一緒に管理して社内で共有できます。名刺を交換した履歴も記録できます。

名刺情報だけでなくメモや添付ファイルも一緒に管理

名刺に記載された連絡先情報に加え、過去の名刺画像、メモ、添付ファイルも保存できます。社内の他のメンバーが名刺を交換した履歴も記録できます。

名刺の連絡先情報

「氏名」「会社名」「メールアドレス」「電話番号」「所属」「役職」「住所」などの名刺に記載された連絡先情報を名刺画像とセットで管理できます。既存データのインポートもできます。

過去名刺の画像

名寄せなどにより、部署や役職など最新の情報を残すだけでなく、過去名刺の画像も記録されます。過去に所属した部署や役職の変遷など、過去名刺の画像から辿ることができます。

メモ・添付ファイル

連絡先情報だけでなく、メモや添付ファイルも名刺データと一緒に管理できます。面談時に聞いた情報をメモ書きしたり、写真データを一緒に保存しておくことができます。

名刺交換の履歴

連社内の他のメンバーが名刺交換した履歴も記録できます。過去に誰が名刺交換をしたことがあるかなど、一目で把握できます。

詳しく見る

社内での人脈共有を効率化

名刺管理を効果的に行える多彩な機能により、社内での人脈共有を効率化できます。

オンライン名刺を活用

名刺を直接交換できないオンライン商談などのシーンにおいても、非対面で名刺交換ができます。

営業支援・販促活動をサポート

CRM,SFAシステムと連携することで、顧客情報を有効活用し営業活動をバックアップできます。

無料トライアル

お問い合わせは、富士フイルムビジネスイノベーション(株)で承っております。
また、無料にてご利用いただける体験版のお申し込みも承っております。お気軽にお問い合わせください。

  • 2022年9月26日

    Cards RアプリのiOS 16対応版をリリースしました。iOS 16での画面の回転に伴う現象は解消いたしました。新しいアプリをダウンロードしてご利用ください。

  • 2022年8月16日

    Cookie同意管理バナーとCookie設定を追加しました。
    プライバシー優先設定センターを表示し、ウェブサイトのCookie詳細を確認することができます。

  • 2022年7月1日
  • 2022年6月2日

    2022年6月16日の Internet Explorer 11 サポート終了期日までに、Microsoft Edge、Google Chrome、FireFoxに切替えていただきますようお願いいたします。

導入・契約にあたってのお問い合わせ

利用料金・他サービスからの乗り換え方法、購入方法などについては以下のフォームよりお問い合わせください。


操作方法・機能に関するお問合せ(ご契約のお客様専用)はこちら別窓で開きます