日本

法人向け 電子化サービス

ディターニティ コンバージョン

NEW

全ての情報を、最新のデジタル環境へコンバート。

アナログ資産のデジタル化・電子化サービス

メディアメーカーとしての豊富な知見と先進技術でご提供する高品質なデジタル化・電子化サービス

「ディターニティ コンバージョン」は富士フイルムが長年にわたる情報記録メディア開発で培ってきた高度なノウハウや知見をフルに活かし、多種多様なコンテンツを、最新のデジタル環境で使える形にデジタル化・データ変換するサービスです。
眠っていたコンテンツの再活用や重要度に合わせた適正な保管など、社内に存在する膨大な情報資産の運用最適化を、ワンストップで一貫サポートいたします。

  • さまざまなアナログ資産を電子化して整理したいが、なにから手をつけていいか分からない。

  • 映像フィルムや古い規格のビデオテープを保有しているが、再生できない。

  • 写真フィルムやスライド・レントゲンフィルムなどを、いつでもすぐにデータとして活用したい。

  • 原版が痛んできているが、どうしていいか分からない。

  • 紙媒体資料が保管場所を圧迫しているので整理したい。

  • 写真・フィルム・書籍・マイクロフィルムなど、多種多様なアナログメディアをデジタル化

  • CD・DVD・古いテープなど、再生できないものを含むあらゆるメディアを汎用性のある最新メディアにデータ変換

  • 長年の写真技術で培った画像処理技術を用い、劣化したフィルム・写真・ビデオテープなどの画像・映像を復元

汎用性のあるメディアに変換 変換メディア・解像度など選択可能

あらゆる原版に対応

アナログ資料や古いメディアに保存したコンテンツに対応します

「ディターニティ コンバージョン」は写真・フィルム・書籍・マイクロフィルムなど、多種多様なアナログメディアをデジタル化。
CD・DVD・業務用テープ・古いデータテープなど、再生できないものを含むあらゆるメディアをHDDや磁気テープなどの最新メディアにデータ変換します。

デジタル化に伴う、さまざまなニーズに対応

データ復元/修復、コピープロテクトなどデジタル化に伴うニーズに対応します

アナログデータのデジタル化、と一言に言っても、さまざまな弊害や不安が残るのではないでしょうか。
「ディターニティ コンバージョン」では、以下の様なサービスも提供しています。

劣化したフィルム・写真・ビデオテープなどの画像・映像を復元します。
長年の写真技術で培った画像処理技術を用い、画像の細かい合成/切り抜き処理なども可能です。

デジタル化作業中に読み込めないメディア(HDD・SDカードなど)発生した場合、データ修復に対応いたします。
また、各種バックアップソフトからのデータ取り出しにも対応します。

機密情報など、データの複製を制限する機能をCDまたは、DVD上に実現いたします。

デジタル化前の媒体が不要の際は、データ(媒体)を破壊して安全に処分いたします。

原版調査から納品までワンストップ

セキュアな環境で、全工程をワンストップにてご提供いたします

資料や記録メディアをどのように利用したいか、お問い合わせフォームやお電話などでお聞かせください。
お客さまのご要望や業種に応じて、専門の担当者よりご連絡いたします。