日本

Pharma-SEED EX

NEW

安全できめ細かなサービスを求められる薬局業務と経営を両面からサポートする クラウド活用の電子薬歴システム。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

かかりつけ薬局の業務支援

受付/薬歴

患者さまの情報を「その場で確認・その場で入力」

調剤

豊富なデータベースと機器連携で調剤業務をより安全かつ効率的に

投薬/会計

わかりやすいアウトプットで細やかな服薬指導をサポート

クラウド連携によりさまざまな業務スタイルに対応

「今、必要な情報」がすぐにわかる新インターフェース

必要な情報すべてがワイドの一画面内で完結

薬歴管理に必要なすべての情報をトップ画面に集約し、薬歴簿頭書と続紙の情報をオールインワンで表示しています。毎回の確認作業もよりスムーズにご対応いただけます。

A 特に重要な事項はリッチテキストでズームアップ

画面上の情報が多くなることで大切な項目が埋もれてしまわないよう、サイズの拡大や表示色の変更に対応。重要なポイントの見読性を向上することで、注意事項などの見落としを防ぎます。

B よく参照する項目をタブ切替で表示し確認作業を効率化

特に確認頻度の高い「チェック詳細情報」「特性情報」「前々回薬歴情報」をタブ切替で表示。必要なときにワンクリックでデータを参照できます。

C カスタムパネルがさらに操作性を向上

薬局の運用や担当の業務により、使用する情報は異なります。
よく使う機能はカスタムパネルに配置しておくことで、手間無く簡単に呼び出すことができます。

D レセコン一体型ならではのワンステップ処理

スムーズな処方変更
疑義や代替等による処方の変更が必要な場合には、明細入力画面を起動し、変更・修正が行えます。

スムーズな後会計
服薬指導完了後に会計画面を表示し、薬学管理料の算定や帳票の発行が行えます。

E 様々なシーンに合わせて画面レイアウトを選択

処方箋受付時や調剤監査時には後発医薬品の希望や過去の副作用歴等の患者情報を左から順に配置、投薬窓口では今回の処方内容から過去処方へと逆に配置するなど、全てのシーンにおいて業務に合わせた最適な環境でお使いいただけます。

確認結果をすぐに入力できる「患者特性情報」

病症状や併用薬、禁忌薬といった患者情報を一元管理。患者さまの訴え、服薬状況や副作用の有無など、受付時に確認すべき情報の確認と記録を一括して行えます。また、一定期間確認されていない項目を表示色でお知らせします。

処方せん入力

処方せん入力時の作業を効率化。

処方せん入力時の手間やコストを軽減

処方せんをスキャナで読み込むだけで、画像データを窓口入力と並べて表示。コピーの手間や経費を削減するとともに調剤業務の効率化を図ります。
QRコード付き処方せんであれば患者情報や処方内容の入力作業も省略できます。

  • * QRコード読取り機能はオプション機能です。

作業精度を高める入力支援機能

過去の処方せんを確認しながら処方せん入力やDo取込が行えます。また、過去処方との比較結果をマークで表示し、処方の変化を見逃しません。

薬歴記録

日々発生する薬歴情報を整理して記録します。

さまざまな入力フォーマット

薬歴コメントはSOAP、フリー、手書きの中からフォーマットを選べます。また、疑義照会や引き継ぎ事項の入力フォーマットも利用可能です。

投薬チェック

併用禁忌・投薬量・重複投与・相互作用等の事前チェックにより、より精度の高い調剤作業へ。

チェック項目

●相互作用(OTC含む) ●重複投与 ●投与量(成人・小児)
●長期投与 ●病症状禁忌 ●禁忌薬 ●禁忌薬効
●妊婦、授乳婦への投与

DBメンテナンス

●通信サービスで最新のデータベースを配信します。

改訂指示・安全性情報(DSU)データベース

●医療用医薬品の「使用上注意」の改訂に関する情報
(改訂内容および参考文献等)の確認および記録等が行えます。

簡易ピッキング監査

* 写真はイメージです。

薬剤包装に印刷されたGS1コードを読み取り、入力された薬剤と自動照合・監査を行います。
入力された処方内容と読み取った内容が不一致だった場合は、画面上の色を変え結果を表示。
監査業務の効率化とともに、調剤過誤の防止を支援します。(オプション)

薬袋印刷

処方内容や患者さまのニーズに応じて、さまざまな形式での印刷が可能です。

縦割り

多彩な出力に対応

薬剤情報データベース

きめ細かい薬剤情報データを搭載。週に一度最新情報に更新されます。

薬剤情報提供書

処方内容に合わせて文書や画像を切り替えて印刷できます。