日本

医用画像情報システム

SYNAPSE EX

NEW

SYNAPSEで実現した最先端の読影環境を、規模や運用形態に合わせて構築できるSYNAPSE EX

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

SYNAPSE Enterprise-PACSで実現した最先端の医用画像情報環境はそのままに、中・小規模の病院でも容易に導入いただけるようシステム構成を簡略化しました。

SYNAPSE Enterprise-PACSの機能はそのまま中・小規模病院向けに再構成

病院の発展に合わせ、柔軟にシステムを拡張していくことが可能です。
標準で多くのモダリティとの接続をサポートしており、サーバ増設などの拡張性も備えています。将来、SYNAPSE Enterprise-PACSにアップグレードされる場合でも、蓄積されたデータはそのままご利用いただくことが可能です。

システム構成例

  • * このネットワーク図は接続の一例で、モダリティの接続や、配信などSE費が必要な場合があります。

安心して使い続けられるシステム

システム更新時のソフトウェアライセンスは、継続使用可能でコスト面も安心。最新OSへの対応、最新ハードウェアアーキテクチャの導入など、変化する最新技術を取り込んで進化し続ける、安全で安定したシステムを、長くご利用いただけるシステムモデルです。

バリエーション豊富なワークステーション

最適で安全なモニター運用を実現するため、医療機器として薬事認証を取得した診断用ワークステーションをご用意しました。用途や目的に応じて豊富なバリエーションからお選びいただけます。

高精細モニター×2面
+液晶モニター×1面

高精細モニター×2面

高精細モニター×1面

  • * 薬事販売名:富士画像診断ワークステーション FS-V673型 薬事認証番号21600BZZ00613000

製品名

中・小規模画像ネットワークSYNAPSE EX

富士画像診断ワークステーション

販売名

富士画像診断ワークステーション FS-V673型

認証番号

21600BZZ00613000

本製品は、利用者に対する安全性と品質を確保するために、ヘルスソフトウェア推進協議会のGHS開発ガイドラインに準拠して開発されています。
画像処理ワークステーション機能を除くサーバ機能がGHSの対象範囲となります。

GHSマークについては、こちらをご参照ください。