日本

医用画像情報システム

SPINE-2

NEW

先進の読影環境を、さらに身近に

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

最適な診断情報を提供する独自の画像処理技術

FCRやCT、MRIなどの各種撮影画像を一元管理、スムーズな読影や院内共有を実現するサーバシステム。

富士フイルム独自の画像処理技術「Image Intelligence」を活用。さまざまな撮影画像を診断目的や症例内容に応じて最適化することで、モニターによる画像診断をサポートします。

  • * SYNAPSEワークステーションの機能です。

  • * Image Intelligence™は富士フイルム株式会社の登録商標です。

安定稼働のフィルムレス運用PACS

フィルムレスに求められる安定稼働と各種データの保全性を極限まで追求し、信頼性の高いシステム運用環境を提供。リモート監視やオンサイト点検、さらにはハードウェア・ネットワーク技術の融合により、障害発生の兆候をいち早くつかみ、未然に防ぎます。

  • *1 保守契約締結時

簡単操作で素早く画像をピックアップ

日常的に使い慣れたWindows標準のInternet Explorerをインターフェイスとして用いることで、シンプルな操作感を実現。リスト化された項目を選択するだけで、サーバ内のハードディスクに格納された画像を数秒内に表示することができます。

製品名

医用画像情報システム SPINE-2

富士画像診断ワークステーション

販売名

富士画像診断ワークステーション FS-V673型

認証番号

21600BZZ00613000