日本

画像情報統合サーバ

ShadeQuest/Serv

NEW

高スピード/安全性/安定性を装備し、大容量のDICOM画像を安心/安全に管理/保管する画像情報統合サーバ。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

スマートイメージングプラットフォーム

時代を見据えた大容量データ対応の高速PACS(画像管理サーバ)

画像表示スピード

  • 当社従来の画像高速化通信方式を改良し、これまでよりも画像表示スピードを向上させています。
  • 長期間にわたり画像データを電子保管している環境でも、画像表示スピードに影響を与えない設計です。
  • * お客さまのご利用環境により効果は異なります。

ハードウェア構成(柔軟性・拡張性)

  • サーバを仮想化することで、ハードウェア資源を有効に活用すると同時に、システムの拡張性も高めています。
  • SSDやHDD構成など、柔軟な構成設計により、お客さまの環境に適したシステム構成と読影環境を構築することが可能です。

スマートマネージメント

  • ペタバイト以上の画像データを無理なくマネージメントできます。
  • 放射線治療計画の画像データ(DICOM RT)を一元管理します。

弊社の一般的な施設における想定環境にて、測定した画像の初期表示に要する時間です。
院内におけるネットワーク環境、読影端末のスペックによって差異が生じる場合があります。

*1 ペタバイト=1000テラバイト

情報統合ポータル機能(マトリックスビュー)

  • 各部門で発生した診療情報を患者単位で時系列に把握できます。
  • 画面上のアイコンにマウスを当てるだけで、検査や所見のサマリを表示できます。さらにアイコンをクリックすることで確定所見や画像ビューアを表示できます。
  • 放射線部門の検査予定も簡単に把握できるので、適切な検査を計画できます。

統合ユーザ管理機能

  • ご提案の放射線診断支援システム、読影レポートシステム、画像ビューアなど弊社製品は、統合的にユーザの管理を行うことができます。ユーザID、ユーザ名、職制、所属科など共通マスタは一元管理可能です。
  • 電子カルテと職員マスタ連携を行うことで、職員データはオンラインで取得することができます。

高度なセキュリティ対策

  • RIS、DICOM画像ビューア、レポートシステム等の弊社製品は、システム単体ではなく、ユーザの認証管理や監査証跡記録、アクセス制御など一元的に管理することが可能となります。
  • サーバは、不正なアクセスに対してもAEタイトルやIPアドレスにより、なりすまし通信を防止できる機能を有しており、無線LAN環境においても安心してご利用頂くことができます。

監査証跡機能によるセキュリティの確保

ライブラリ

製造元

富士フイルム医療ソリューションズ株式会社