日本

FCR PRIMA T2 V + V Station T

NEW

コンパクトなテーブルトップFCRが、さらにスピーディーになって新登場。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

デジタル画像処理で、より正確な診断をサポート

プリセット画像処理

ボタンひとつでより見やすい画像に

よく使う画像処理をキーボードのテンキーボタンひとつで簡単に変えられる、プリセット画像処理機能を搭載。
診断目的に応じた画像をスピーディに提供します。

より診断がしやすい機能

POINT1 ブックマーク登録

指定した画像を症例名でブックマーク登録する事で、簡単に症例画像集が作成できます。他のペットの同一部位画像を比較表示する事で、飼主さまに解りやすく説明できます。

POINT2 黒化処理

X線照射外の白抜けした部分を自動認識し塗り潰すことで、読影時の視認性を向上する事ができます。

POINT3 VHS計測

VHS計測は、モニター上でのマウス3回ドラッグで測定準備完了です。拡大・強調処理をしながらの測定も可能。読影の効率化を実現します。

POINT4 動物X線画像集

1猫6犬種の正常X線画像を元に、解剖図・撮影時のポイント/チェック項目/疑われる疾患などを確認する事ができます。

知りたい情報を、どこでも確認

モバイルクライアント

撮影室やデスクトップ端末がない診察室など設備スペースが十分に確保できない場所でも、CR/DRの制御・撮影状況の確認、画像確認をすることができます。

WEB View 機能

iPadやWindowsタブレットなど各種モバイル端末や電子カルテ端末でV Station Tに保管された画像を閲覧することができます。

  • * サポートするOS/ブラウザ、連続可能なカルテベンダーは別途お問い合わせください。

よりスムーズな診断を実現するデジタル診療

お手持ちのX線装置で

デジタル撮影への移行がスムーズに行えます。

暗室不要

スペースを取らずに、読取も断然スピーディ。

モニターでクリアな読影

富士フイルムの画像技術で、一発高画質。

コンパクト設計でスペースを有効活用

PRIMA T2Vは、重量約39Kg、設置面積は約0.30m2とコンパクト設計で、既存のテーブルや備え付けの棚などに設置することができ、限られたスペースを有効に活用できます。従来暗室だった場所や、自動現像機を置いていたスペースを有効活用できます。

すべてのペットクリニックをデジタルに

端末を増設することで、撮影指示や検査画像の閲覧ができます。また、外部DICOMサーバーへの出力も可能です。

接続例

関連製品・サービス

製品名

FCR PRIMA T2 V

販売名

富士コンピューテッドラジオグラフィ CR-IR392V型の画像読取装置[CR-IR392VRU]

届出番号

28動薬第706号、クラスI(一般医療機器)

製品名

V Station T / V Station T モバイルクライアント

販売名

富士コンピューテッドラジオグラフィ CR-IR392V型(届出番号:28動薬第706号)の付属品の画像処理ソフトウエア[CR-IR392VCL]