日本

医用コンテンツ管理システム

ShadeQuest/book

NEW

日々の業務で蓄積されるデータや資料をビューアやレポートシステムと連携し、集約/管理/活用するシステム。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

医用コンテンツ管理システム(ShadeQuest/book)

bookはReportを使用する放射線科診断医向けの日常業務(知的業務)を支援するアプリケーションとして提供していましたが、技師や治療医などその他の放射線部門ユーザにおいても同様に知的業務で利用できることから、Reportから切り離し、他の弊社製品と組み合わせることを可能にしました。

放射線科端末 システム概要

簡単に登録・簡単に検索

後で読みたいと思った文献やガイドライン等色々なデータを保存しておき、後から検索・参照することで、今まで分散していたメモをまとめて置く事ができます。

放射線科で利用するデータは全て連携(汎用ファイルから画像や所見まで)

PDFファイル、画像、EXEL、Word、PowerPoint等の汎用データを取り込む事ができます。また、画像ビューアや所見システムとの
リンクが簡単に貼り付けられます。

関連製品

院内放射線部門システムとの連携活用

関連製品

放射線診断医のユースケース

  • 画像データや症例となる所見の収集、各種情報をまとめることで、学会発表、論文作成、日々の自己研鑽に役立てることができます。
  • ViewR-DGから症例画像や気になった画像を貼付する際に、気になった部分だけを範囲指定して貼り付けるトリム貼付、過去や別シリーズとの比較を見やすくするマルチ貼付もできます。
  • Reportからブックマークや詳細検索などにより収集したい検査をリストアップしてbookへコピーする際に、依頼・検査情報、所見情報(リンク含む)だけではなく、キー画像も一緒に貼付できるようにして、管理を容易にしています。

関連製品

放射線技師のユースケース

  • ViewR-DGから撮影時に気になった画像や疾患を貼付して、読影補助のスキルを磨くことができます。
  • 各装置の特徴をまとめたり、撮影時のプロトコル、撮影条件やコツなどを検査毎にまとめることができます。
  • 被ばく線量の適正化などに向けて、画像とプロトコルなどをまとめて記録したり、被ばく線量の分布画像を登録することができます。

関連製品

放射線治療医のユースケース

  • ViewRT-DGから画像を選択して、ViewRと同様にRT画像を貼付することができます。また、貼付されたキー画像を元にViewRT-DGを起動して、対象の画像を表示することができます。
  • TheraRISから治療サマリをクリップボード経由で貼付することができます。
  • ViewR-DGから放射性肺炎などの有害事象となる画像を貼付することができます。

関連製品

コミュニケーション機能 b-chat

日々の業務では、リアルタイム(忘れないうち)に「○○について聞きたい!」「○○を伝えたい!」という場面が多くあります。
ただし、緊急性がない場合には「相手が忙しくないか?」などと気を遣ったり、相手が不在であれば後回しにしてしまったり等スムーズに行うことができない場合があります。
特に画像診断におけるコンサル等のやり取りでは、説明する側もビューアで画像を確認する側も手間が発生します。こうしたちょっとしたコミュニケーションをストレスなく行えるようにbookの付帯機能として開発されました。

製造元

富士フイルム医療ソリューションズ株式会社