日本

所見レポート作成システム

ShadeQuest/Report

NEW

画像読影、撮影指示、フォローアップ、カンファレンスなど様々なシーンで活用できる次世代レポートシステム。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

端末構成・設置環境を選ばないレイアウト

  • 質の高いレポート作成と読影医の負担を減らすために、継続的にシステムを進化させています。
  • モニタのワイド化や読影室の調光などによる目の負担、目線やマウスの移動距離の負担など、より理想的な読影環境の実現を支援します。

バーティカルモード

縦型モニタを利用する際に、前回所見と今回所見を上下に並べることで、キー画像を一度により多く表示できる新スタイルもラインアップ。一度に見ることができるキー画像が増えることで、所見の内容把握をより迅速に行うことができます。

電子カルテとの連携機能

所見の一覧画面や入力画面からダイレクトに電子カルテを表示させることができます。読影に入る際、患者の状況確認として電子カルテの記事(診療記録や既往歴)を参照して主治医の求める内容を把握することで質の高い読影を実現します。

所見入力の効率化(オーダ連動テンプレート表示)

所見入力の際、過去所見のコピーや事前作成した定型文をワンクリックで入力できます。良く利用する文章は検査種別毎に文章テンプレートとして登録しておく事で簡単に利用できるだけでなく、自動的にオーダ内容に即した候補文が表示されるので、選択するだけで文章を登録することができます。

キー画像添付(マルチキー画像貼り付け)

  • 複数画像を1枚のキー画像として登録することができます。
  • 複数画像には撮影日が自動で表示され、見間違いを防止します。

読影レポートの重要度登録と未読管理

  • 所見確定時に重要度登録が可能です。また、所見配信後の「主治医による既読状況」を確認できます。

製造元

富士フイルム医療ソリューションズ株式会社