日本

動物医療 検査サービス

血中薬物検査

NEW

血中薬物検査

抗てんかん薬の1つです。腎臓から排泄され一部が肝臓で代謝されるため、腎機能が低下した動物ではゾニサミドの排泄が遅延し、血中濃度が上昇する可能性があります。開始量 犬2.5~5.0mg/kg BID,猫1.25~2.5mg /kg BIDで投与した場合、 ゾニサミドは5日で血中濃度が定常化(安定)するといわれています。定常化した血中濃度はピーク(頂点)とトラフ(底)を1日2回ずつ繰り返します。採血に適切な時間はトラフの時間帯(投薬から8~12時間後あるいは次の投薬の前)です。

項目名

ゾニサミド

対象動物

犬・猫

材料/量(ml)

血清/0.2

他材料/量(ml)

保存方法

冷蔵保存

測定方法

HPLC法

報告日数

~3

参考基準範囲

犬 10~40
猫 10~30

単位

μg/mL

抗てんかん薬の1つです。腎臓で排泄されるため、多飲多尿の動物では血中濃度が上がりにくい場合があります。半減期が長いため、投与開始後30日以降に測定します。

項目名

臭化カリウム 表1*1

対象動物

犬・猫

材料/量(ml)

血清/0.3

他材料/量(ml)

保存方法

冷蔵保存

測定方法

比色法

報告日数

~3

参考基準範囲

2.0~3.0

単位

mg/mL

  • *1 表1 〈併用時の臭化カリウム参考基準範囲〉
ゾニサミド併用時 1.0 〜3.0mg/mL
フェノバルビタール併用時 0.8 〜1.8mg/mL

 

抗てんかん薬の1つです。肝臓で代謝されるため、肝機能が低下した動物ではフェノバルビタールの代謝が遅延し、血中濃度が上昇する可能性があります。開始量 犬2.0~3.0mg/kg BID,猫1.0~2.0mg /kg BIDで投与した場合、 フェノバルビタールは10日~14日で血中濃度が定常化(安定)するといわれています。投与直前の最低値を検査します。

項目名

フェノバルビタール

対象動物

犬・猫

材料/量(ml)

血清/0.3

他材料/量(ml)

保存方法

冷蔵保存

測定方法

ラテックス凝集法

報告日数

~2

参考基準範囲

15~30

単位

μg/mL

免疫抑制剤として臓器移植・免疫介在性疾患・アトピー性皮膚炎の治療に用いられます。半減期は犬5時間程度、猫8~10時間です。投与直前の最低値を検査します。

項目名

シクロスポリン

対象動物

犬・猫

材料/量(ml)

EDTA全血/1.0

他材料/量(ml)

保存方法

冷凍保存

測定方法

CLIA法

報告日数

~3

参考基準範囲*1  *2

単位

ng/mL

  • *1 血中薬物濃度の参考基準範囲はトラフ値を元に設定しています。
  • *2 シクロスポリンの血中濃度範囲は、疾患・治療方法(併用薬剤)・治療期間・個体の状態により異なります。100 〜600ng/mLを目標トラフレベルとお考えください。そのため、報告書への記載はいたしかねております。ご了承ください。

心疾患の治療に使用します。半減期が比較的長いため、血中濃度が安定するまで時間がかかります。維持量投与開始後、1週間以降に測定すると良いとされています。投与直前濃度を調べます。

項目名

ジゴキシン 【外注検査】

対象動物

犬・猫

材料/量(ml)

血清/0.5

他材料/量(ml)

保存方法

冷蔵保存

測定方法

EIA法

報告日数

~4

参考基準範囲

0.8~2.0

単位

ng/mL

気管支拡張薬の1つです。治療域と中毒域が近接しますので、血中濃度を測定し適切な投与量を調べる必要があります。

項目名

テオフィリン 【外注検査】

対象動物

犬・猫

材料/量(ml)

血清/0.5

他材料/量(ml)

保存方法

冷蔵保存

測定方法

EIA法

報告日数

~6

参考基準範囲

6~18

単位

μg/mL