日本

動物医療 検査サービス

感染症検査(猫)

NEW

ウイルス/ワクチン抗体価セット/原虫・寄生虫/細菌/真菌

概要

  • コアワクチンに対する免疫をモニターするための血清学的検査
  • コアワクチン再接種の客観的な指標としてご活用ください

特長

  • 少ない検体量(血清・ヘパリン血漿/0.1mL)
  • 2営業日以内にご報告
  • お得な健康診断セットにオプション追加可能( 健診の他項目と合わせご報告いたします)

性能試験成績(コーネル大学で実施)

ゴールドスタンダード*1であるウイルス中和試験、赤血球凝集抑制試験に対して、感度・特異度・陽性陰性一致率を以下の通り確認しました。

コーネル大学で実施した試験結果

動物種 セット内容 測定法 検体数 感度 特異度 陽性陰性一致率
パルボウイルス( FPV) HI法 42 95.5% 100.0% 97.6%
カリシウイルス( FCV)*2 VN法 73 92.2% 77.3% 87.7%
ヘルペスウイルス( FHV)*2 VN法 45 100.0% 97.3% 97.8%

 

ワクチン接種後の抗体価推移グラフ

  • ワクチン接種の必要性が一目でわかる
  • それぞれの感染症に対し、3段階で判定
  • 報告書には抗体価の実数値を併せて記載

項目一覧

項目名 セット内容 対象動物 材料/量(ml) 他材料/量(ml) 保存方法 測定方法 報告日数 参考基準範囲 単位
低抗体価 中等度抗体価 高抗体価
ワクチン抗体価セット(猫)
 
FPV 血清0.1 へパ漿0.1 冷蔵保存 蛍光免疫測定法 ~2 80倍未満 80倍~120倍 160倍以上
FCV 32倍未満 32倍~48倍 64倍以上
FHV 16倍未満 16倍~24倍 32倍以上

 

  • * 本検査はワクチン接種前のIgG抗体価確認のための検査です。感染を疑う場合は、従来のIgG・IgM抗体、抗原の検査をご利用の上、臨床症状をと合わせて総合的にご判断ください。
  • * 生後2~4か月程度は母体からの移行抗体により、母子免疫とワクチンによる獲得免疫との区別は困難です。そのため、生後4~5か月以降の検査を推奨いたします。
  • * 下記論文およびコーネル大学判定基準をもとに、判定基準を設定しています。
  • ・ CDV : Lisa T, Jean D : Clinical use of serum parvovirus and distemper virus antibody titers for determining revaccination strategies in healthy dogs. JAVMA,Oct : Vol 217(2000)
  • ・ FPV : Katherina M, Bianca S, Uwe T, Katrin H : Evaluation of an in-house dot enzyme-linked immunosorbent assay to detect antibodies against feline panleukopenia virus. Journal of Feline Medicine and Surgery : Feb(2014)
  • ・FHV :Douglas E. Mouzin, Marianne J. Lorenzen, John D. Haworth,Vickie L. King : Duration of serologic response to three viral antigens in cats. JAVMA, Jan : Vol 224(2004)
  • ・ CPV/CAV/FCV : コーネル大学判定基準より
  • *1 基準となる測定法。参照:Richard B.Ford,D.M:Vital Vaccination Series,Antibody Titers versus Vaccination.Today`s Veterinary Practice,35-38(2013)
  • *2 FCV・FHVワクチンがもたらす防御効果は、FPVワクチンがもたらす免疫効果と同等ではありません。参照:WSAVA(犬と猫のワクチネーションガイドライン)