日本

動物医療 検査サービス

生化学検査

NEW

蛋白・マーカー/酵素・アイソザイム/ビタミン/糖質/窒素化合物/脂質/電解質・ミネラル/微量金属/生体色素/その他

主に腎機能の指標として測定します。体内で不要になったアンモニアは肝臓で尿素に代謝され、腎臓から尿中に排出されます。高窒素血症は、脱水や心疾患、副腎皮質機能低下による腎前性高窒素血症、慢性および急性腎不全による腎性高窒素血症、尿路閉塞や膀胱破裂などによる腎後性高窒素血症に大別されます。そのほかにも、食事、消化管出血、肝機能など、腎臓以外の因子の影響を受けることがあります。

項目名

尿素窒素(BUN)

対象動物

犬・猫

材料/量(ml)

血清/0.2

他材料/量(ml)

ヘパ漿/0.2

保存方法

冷蔵保存

測定方法

酵素法

報告日数

即日

参考基準範囲

犬:9.2~29.2
猫:17.6~32.8

単位

mg/dL

主に腎機能の指標として測定します。高窒素血症は、脱水や心疾患、副腎皮質機能低下による腎前性高窒素血症、慢性および急性腎不全による腎性高窒素血症、尿路閉塞や膀胱破裂などによる腎後性高窒素血症に大別されます。また、食事、消化管出血、肝機能など、腎臓以外の因子の影響を受けることがあります。そのほか、クレアチニンは筋肉内で産生され、筋肉量にも関係します。

項目名

クレアチニン(Cre)

対象動物

犬・猫

材料/量(ml)

血清/0.2

他材料/量(ml)

ヘパ漿/0.2

保存方法

冷蔵保存

測定方法

酵素法

報告日数

即日

参考基準範囲

犬:0.40~1.40
猫:0.90~2.10

単位

mg/dL

核酸の最終代謝産物で、腎臓から排泄されます。

項目名

尿酸(UA)

対象動物

犬・猫

材料/量(ml)

血清/0.2

他材料/量(ml)

保存方法

冷蔵保存

測定方法

酵素法

報告日数

~2

参考基準範囲

犬:0.4以下
猫:1.0以下

単位

mg/dL

糸球体濾過量(GFR)のゴールドスタンダードとなる検査で、腎機能の評価に用います。イヌリンクリアランス検査では、イヌリン投与後P2時間後及び3時間後に採血を行って、得られた血清中イヌリン濃度から体表面積標準化GFR値と、GFR値を報告します。参考基準範囲は体表面積標準化GFR値です。
専用の依頼書にご記入ください。

項目名

イヌリンクリアランス*1

対象動物

犬・猫

材料/量(ml)

2時間後:血清/0.3
3時間後:血清/0.3

他材料/量(ml)

保存方法

冷蔵保存

測定方法

酵素法

報告日数

~3

参考基準範囲

犬:55.2~115.1
猫:20.3~56.0

単位

mL/min/m²

  • *1 イヌリンクリアランスは専用依頼書をご使用ください。

シスタチンCの血中濃度は糸球体濾過量(GFR)に依存しており、腎機能の評価に用います。クレアチニンよりもGFRに対する相関性が高いといわれています。筋肉量に影響されるため、15.0kg以下の体重制限を設けています。

項目名

シスタチンC(小・中型犬)

対象動物

犬(15.0kg以下対象)

材料/量(ml)

血清/0.2

他材料/量(ml)

ヘパ漿/0.2

保存方法

冷蔵保存

測定方法

ラテックス凝集法

報告日数

~2

参考基準範囲

0.4以下

単位

mg/L

SDMAの血中濃度は糸球体濾過量(GFR)に依存しており、腎機能の評価に用います。SDMA(対称性ジメチルアルギニン)はアルギニンの代謝産物のひとつで、大部分が腎糸球体で濾過され排泄されます。

項目名

SDMA(猫)

対象動物

材料/量(ml)

血清/0.1

他材料/量(ml)

ヘパ漿/0.1

保存方法

冷蔵保存

測定方法

HPLC法

報告日数

~3

参考基準範囲

13以下

単位

μg/dL