日本

動物医療 検査サービス

生化学検査

NEW

蛋白・マーカー/酵素・アイソザイム/ビタミン/糖質/窒素化合物/脂質/電解質・ミネラル/微量金属/生体色素/その他

血中の総蛋白量で、アルブミンとグロブリンの総和です。

項目名

総蛋白(TP)

対象動物

犬・猫・ウサギ

材料/量(ml)

血清/0.2

他材料/量(ml)

ヘパ漿/0.2

保存方法

冷蔵保存

測定方法

ビューレット法

報告日数

即日

参考基準範囲

犬:5.0~7.2
猫:5.7~7.8
ウサギ:5.9~7.8

単位

g/dL

血中の蛋白質の中で最も多く、肝臓で合成されます。

項目名

アルブミン(Alb)

対象動物

犬・猫・ウサギ

材料/量(ml)

血清/0.2

他材料/量(ml)

ヘパ漿/0.2

保存方法

冷蔵保存

測定方法

BCG法

報告日数

即日

参考基準範囲

犬:2.6~4.0
猫:2.3~3.5
ウサギ:4.6~6.3

単位

g/dL

血中のアルブミンとグロブリン濃度の比です。

項目名

A/G比

対象動物

犬・猫・ウサギ

材料/量(ml)

血清/0.2

他材料/量(ml)

ヘパ漿/0.2

保存方法

冷蔵保存

測定方法

計算法

報告日数

即日

参考基準範囲

犬:0.7~1.9
猫:0.4~1.1
ウサギ:2.0~6.5

単位

血清蛋白をアルブミンおよびグロブリン(α・β・γ)に分類し、さまざまな高グロブリン血症の原因鑑別や、低蛋白血症のパターンの分類に用います。

参考基準範囲
犬 ALB 39.0~55.3、α1 6.4~13.1、α2 5.5~13.6、β1 6.6~12.3、β2 8.8~17.8、γ 6.3~16.8、A/G比 0.64~1.24 (単位%)
猫 ALB 38.8~58.3、α1 2.7~10.0、α2 7.7~16.0 β 9.1~13.7、γ 11.9~31.8、A/G比 0.60~1.32 (単位%)

項目名

蛋白分画

対象動物

犬・猫

材料/量(ml)

血清/0.3

他材料/量(ml)

保存方法

冷蔵保存

測定方法

アガロースゲル電気泳動法

報告日数

~2

参考基準範囲

  • 表1*1

単位

%

  • *1 表1 〈蛋白分画 参考基準範囲〉
項目名 単位
ALB 39.0 〜 55.3 38.8 〜 58.3 %
α1 6.4 〜 13.1 2.7 〜 10.0 %
α2 5.5 〜 13.6 7.7 〜 16.0 %
β 9.1 〜 13.7 %
β1 6.6 〜 12.3 %
β2 8.8 〜 17.8 %
γ 6.3 〜 16.8 11.9 〜 31.8 %
A/G比 0.64 〜 1.24 0.60 〜 1.32 %

 

犬において、急性炎症で血中に増加する急性相蛋白です。炎症性疾患の有無、治療効果の判定に用います。

項目名

CRP(犬)

対象動物

材料/量(ml)

血清/0.2

他材料/量(ml)

ヘパ漿/0.2

保存方法

冷蔵保存

測定方法

ラテックス凝集法

報告日数

即日

参考基準範囲

0.7以下

単位

mg/dL

猫において、急性炎症で血中に増加する急性相蛋白です。炎症性疾患の有無、治療効果の判定に用います。 急性膵炎や猫伝染性腹膜炎(FIP)、腫瘍性疾患などで上昇します。
SAA濃度は術後24~48時間でピークに達し、その後4日目には参考基準範囲内に戻ることが報告されています。

項目名

SAA(猫)

対象動物

材料/量(ml)

血清/0.2

他材料/量(ml)

ヘパ漿/0.2

保存方法

冷蔵保存

測定方法

ラテックス凝集法

報告日数

即日

参考基準範囲

5.5以下

単位

μg/mL

急性炎症で血中に増加する急性相蛋白です。炎症性疾患の有無、治療効果の判定に用います。α1-AGは7~10日高値が持続します。

項目名

α1AG

対象動物

犬・猫

材料/量(ml)

血清/0.2

他材料/量(ml)

ヘパ漿/0.2

保存方法

冷蔵保存

測定方法

ラテックス凝集法

報告日数

~2

参考基準範囲

犬:516以下
猫:736以下

単位

μg/mL

トロポニンは筋原線維に存在する蛋白です。心筋細胞の損傷により血中に放出されるため、障害の強さを反映し、心筋の障害の評価・予後評価に用いることができます。測定の最小単位が従来の検査法より小さいため(0.001ng/mL)、微小な心筋障害を捉えることができます。

項目名

高感度心筋トロポニンⅠ(hs-cTn Ⅰ)

対象動物

犬・猫

材料/量(ml)

血清/0.4

他材料/量(ml)

ヘパ漿・EDTA血漿/0.4

保存方法

冷凍保存

測定方法

CLIA法

報告日数

~2

参考基準範囲

犬:0.129以下
猫:0.121以下

単位

ng/mL