日本

動物医療 検査サービス

形態学検査

NEW

病理/細胞診/血液塗抹/骨髄塗抹/特殊病理/皮膚病理

白血球、赤血球、血小板のそれぞれの血液細胞の密度、形態変化、病原体、腫瘍細胞の有無などを包括的に観察します。目視分類での白血球分画も同時に測定します。CBCでの異常値がみられ原因を追究したい場合や、血液内科疾患を疑う場合にご依頼ください。
CBCの結果を添付し、院内で作成した血液塗抹のスライドをご提出ください。複数枚ある場合は未固定スライドを提出していただくか、EDTA全血を同時に提出していただくと、必要におうじて特殊染色を実施することも可能です。

項目名

血液塗抹診断*1

対象動物

材料/量(ml)

未染色スライドまたはライトギムザ染色済スライド

他材料/量(ml)

保存方法

室温保存

測定方法

報告日数

3~7

参考基準範囲

単位

  • *1 血液塗抹、骨髄塗抹に関しては、必要に応じて(急性白血病やMDSの分類など)特殊染色を実施することがあります。標本が複数枚ある場合は、一部を未染色・未固定でご送付頂ければ、必要な場合にこちらで追加の特殊染色を行うことが可能です。血液であればEDTA全血でも可能です。