日本

Abdomen Analysis

NEW

2Dまたは3Dで内臓脂肪と皮下脂肪に相当するCT値面積を算出するソフトウエア。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

内臓脂肪型肥満はCTで診る

肥満には内臓脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満があり、腹部CT画像から判断されます。2種類のうち、生活習慣病や冠動脈疾患などのリスクが高いとされている内臓脂肪型肥満は、検診での早期発見や生活改善指導の重要性が高まっています。

<監修>
株式会社日立製作所 日立健康管理センタ
放射線診断科 主任医長 中川徹先生

わかりやすい画像で被検者に説明

Abdomen Analysisは、内臓脂肪と皮下脂肪に相当する領域を色分けして表示します。
1スライスの解析だけでなく、複数スライスを用いて3次元での解析が可能です。解析結果を3Dやグラフで表示することで、インフォームドコンセントなど、視覚的にわかりやすく、伝えることができます。

内臓脂肪と大腰筋を同時解析

内臓脂肪や皮下脂肪に加え、大腰筋や筋内脂肪に相当するCT値面積を同時に算出可能です。また、スライスごとの2D解析(スライス処理)と複数スライスの3D解析(ボリューム処理)があります。

内臓脂肪解析
(スライス処理)

大腰筋解析
(スライス処理)

3種類の解析結果表示
(ボリューム処理)

ボリューム処理の場合、解析結果の表示方法が「3D表示」「グラフ表示」「リスト表示」の3種類あります。表示はタブで切り替えることができ、目的に応じた画像を簡単に表示することが可能です。

3D表示

グラフ表示

検査レポートの作成や画像保存が簡単に

スライス処理では、今回と前回の比較検査レポートや内臓脂肪解析と大腰筋解析の混合検査レポートが作成できます。
ボリューム処理では、画像レイアウトの設定や必要な解析結果を選択することで、用途に合わせたレポートの作成が可能です。また、解析結果のリストをテキスト形式(CSV)で出力することも可能です。

混合検査レポート
(スライス処理)

検査レポート
(ボリューム処理)

製造販売業者

富士フイルムヘルスケア株式会社