日本

動物医療 検査サービス

血液学検査

NEW

凝固/線溶/血液型/血球分類

FDP、Dダイマーは線溶系活性化の指標で、プラスミンによるフィブリンやフィブリノーゲンの分解産物です。播種性血管内凝固症候群(DIC)においては一般にTATよりも遅れて上昇します。
FDPはフィブリノーゲン分解産物(一次線溶)とフィブリン分解産物(二次線溶)、Dダイマーはフィブリン分解産物(二次線溶)です。

項目名

FDP

対象動物

犬・猫

材料/量(ml)

クエン酸血漿/0.3

他材料/量(ml)

保存方法

冷凍保存

測定方法

ラテックス免疫比濁法

報告日数

即日

参考基準範囲

5以下

単位

μg/mL

FDP、Dダイマーは線溶系活性化の指標で、プラスミンによるフィブリンやフィブリノーゲンの分解産物です。播種性血管内凝固症候群(DIC)においては一般にTATよりも遅れて上昇します。
FDPはフィブリノーゲン分解産物(一次線溶)とフィブリン分解産物(二次線溶)、Dダイマーはフィブリン分解産物(二次線溶)です。

項目名

Dダイマー

対象動物

犬・猫

材料/量(ml)

クエン酸血漿/0.3

他材料/量(ml)

保存方法

冷凍保存

測定方法

ラテックス免疫比濁法

報告日数

~2

参考基準範囲

犬:2.0以下
猫:1.5以下

単位

μg/mL