日本

Radnext50

パートナー製品 NEW

50kW高電圧装置を組み合わせた一般X線撮影システム。片手操作が可能なコントローラーなどを選択可能。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

50kW発生器を組み合わせたRadnext50は、片手操作も可能なワンハンドコントローラーを装備した天井走行装置を組み合わせたスマートセット、片手操作に加え条件確認や変更も可能なアドバンストスマートセット、シンプルな床走行装置を組み合わせたコンパクトセットと、多彩なラインアップをご用意。使用目的や環境に応じて選択が可能です。

スマートセット

使いやすい上向きハンドルと、片手操作も可能な新開発のワンハンドコントローラーを装備しました。位置決めもスムーズに、さらにあいた手で被検者もケアすることができるので、検査のワークフローがこれまで以上効率的に、やさしく変わります 。

アドバンストスマートセット

液晶タッチパネルを装備した使いやすい天井走行装置を組み合わせたシステムです。

液晶タッチパネル

撮影室内での撮影条件や部位の確認、変更などが可能です。

SIDトラッキング、ハイトトラッキング

臥位テーブルを上下に動かすとSID固定のまま自動追従、立位撮影台を上下に動かすと、X線管装置の高さも自動調整できます。

コンパクトセット

シンプルな床支持台型X線管保持装置との組み合わせは、狭い撮影室でも効率よい撮影を可能にします。

  • スムースなオペレーションと多彩な固定方式
  • 手動でカンタンに素早く行える前後動・左右動・上下動操作
  • オートトラッキング機能(オプション)

高電圧発生装置

1. Imaging

高精度、高性能インバータ式高電圧装置を組み合わせしていますので、正確な制御と多機能を実現しました。

  • 位置決めが容易に行える電磁ロック機能
  • 無理のない姿勢から撮影に臨めるコンパクトな撮影台
  • SID2mでの胸部撮影が可能

2. Interface

専用の大型液晶カラータッチパネルのコンソールを組合せして、X線条件はもちろん、アナトミカル操作も可能です。

3. Design

  • 被ばく管理
    NDD法により撮影線量の計算して表示します。
  • 自動露出制御(オプション)
    デジタル制御で、安定した濃度が得られます。
  • * NDD法は、茨城県放射線技師会 被ばく低減委員会(班長:森剛彦氏)が提案された方法であり、茨城県立医療大学 佐藤斉氏が係数を導き、ソフトウエアを開発されたものです。

販売名

X線撮影装置 Radnext50

医療機器認証番号

219ABBZX00226000

製造販売業者

株式会社日立製作所