日本

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

X-rayは、さらに自由へ。

診断能向上に貢献する豊富なアプリケーション、円滑な撮影を実現するきめ細やかな設計、高画質・低線量を追求した画像処理機能。“ 診やすく”、そして患者様に“やさしい”、次世代のX 線撮影システムが誕生しました。

  • 診断能向上に貢献する豊富なアプリケーション
  • よりスムーズに、確実に—ストレスのない撮影環境を構築
  • 多様な組み合わせを可能にするパネルバリエーション

診断能向上に貢献する豊富なアプリケーション

トモシンセシス*1

任意の断面画像を再構成・表示

1回の撮影で角度を変えながらX線を照射し、得られた複数の画像を再構成し、断層画像を生成できます。

線量を自動制御。再構成はバックグラウンドで

プレショットによる単純撮影の撮影条件を参考に、トモシンセシスの条件を自動設定。
また、画像の再構成はバックグラウンドで行うため、速やかに次の撮影に移行できます。

150μmの高精細・高画質画像を提供

金属アーチファクトなどを抑制した、150μmの高精細画像を提供します。

エネルギーサブトラクション*1

軟部画像、骨部画像に分離して、より見やすく

2回のX線照射で生じるエネルギー差を利用し、軟部・骨部などの特定画像を生成。撮影間隔は、撮影線量に応じて自動で変更されます。

軟部画像

骨画像

体動によるアーチファクトを抑制

照射の間隔で発生する、体動によるアーチファクトを多重解像度位置合わせ処理で抑制し、軟部・骨部などのクリアな画像を提供します。

軟部画像

骨画像

長尺撮影*1

全脊椎や全下肢を1枚の画像で表示

1回の操作で複数枚の画像を撮影し、自動的に画像合成を行うことで、最長で立位160cm、臥位120cmの長尺撮影を実現。体動により発生する画像のずれを自動補正で位置合わせできます*2

立位

臥位

  • *1 本アプリケーションはオプションです。

  • *2 体動によるずれ量により、自動補正できない場合があります。

製品名

FUJIFILM DR BENEO-Fx

販売名

診断用X線装置 FUJIFILM DR BENEO-Fx

認証番号

226ABBZX00145000

製造販売業者

株式会社島津製作所