日本

musclePointer

NEW

腰部CT画像から椎体周辺にある大腰筋、および脊柱起立筋に相当するCT値面積を算出するソフトウエア。

このコンテンツは医療従事者向けの内容です。

臨床画像

解析結果

  • 左/右大腰筋の面積[mm2]
  • 左/右脊柱起立筋の面積[mm2]
  • 各筋領域中の脂肪面積[mm2]
  • 各筋領域中の脂肪比率
  • 内臓脂肪面積[cm2]
  • 皮下脂肪面積[cm2]
  • 全体脂肪面積[cm2]
  • 腹囲(CT)[cm]
    (CT画像上で測った腹囲の長さです)

動作環境

  • 対応装置
    SCENARIA装置本体コンソールおよび装置に対応するHyper Q-Net
  • レポート印刷
    Internet Explorer(IE)6、IE7、IE8またはIE9を使用して印刷(CT本体では不可)