富士フイルムビジネスイノベーション

DocuShare「情報を管理する」から
「資産として活用する」へ。

企業の情報資産活用を実現するWebベースの文書管理・活用ソフトウェアです。

本ページは富士ゼロックスブランドの商品を含みます。
富士ゼロックスブランドの商品は、米国ゼロックス社からライセンスを受けている商品です。
商品提供者は富士フイルムビジネスイノベーション株式会社です。

「DocuShare」は、業務に利用する文書の電子化や検索閲覧・管理などドキュメント関連の課題解決を支援する文書管理ソフトウェアです。

紙文書、テキストファイル、電子メール、Webコンテンツなどを収集・整理・一元管理し、会社全体の資産として位置づけるECM(Enterprise Content Management)の考え方にもとづいた、柔軟かつアクティブな情報管理を実現します。

高次元なビジネスプロセスを全社レベルで支援するDocuShare CPX、コンテンツの登録・管理・共有を柔軟に実現するDocuShare、スモールビジネスに対応したDocuShare Expressをラインナップして、ビジネスプロセスの変化や企業の成長にも、ライセンスやオプションの追加で柔軟にスケールアップ。高い生産性とオフィスの効率化に、大きく貢献します。

クラウドサービスとの連携

DocuShareのコレクションをWorking Folderの指定フォルダーと連携し、社外とも情報共有ができます。

詳しく見る別窓で開きます

[ クラウドサービスの活用 ]Working Folderを介して、社外との情報共有が可能です

DocuShare内の「コレクション」をクラウドサービスWorking Folder上の指定フォルダーと連携させることで、登録文書を取引先などの外部と共有できます。
協業企業に対して、Working Folder経由での情報展開・授受がセキュアに行えます。

必要な環境とソフトウェア

  • Working Folder(別途ご契約が必要)
  • DocuShare 連携オプション for WorkingFolder

外部環境ともフレキシブルに、効率よく連携

DocuWorksや複合機からも容易にDocuShareにアクセスし、円滑な文書共有が可能です。

詳しく見る別窓で開きます

[ DocuWorksとの連携 ]文書流通のスピードアップを実現します

PC上のDocuWorks トレイからDocuShare上の指定フォルダーにアクセスし、ドラッグ&ドロップで文書登録、登録の通知、他のユーザーのトレイへの文書送付などが行えます。
DocuShare CPXのコンテンツルール機能により、文書名や属性に応じて自動的にフォルダーを振り分けて登録することができます。

必要な環境とソフトウェア

  • DocuWorks 9 / DocuWorks 9.1(別売)
  • DocuWorks トレイ 2(別売)
  • DocuShare 連携フォルダ for DocuWorks
  • DocuShare 連携プラグイン for DocuWorks ドキュメントトレイオプション

[ PCのない環境で ]複合機からDocuShareにアクセスできます

PCのない環境でも、複合機で直接文書をスキャンしてDocuShareに登録したり、検索・出力が行えます。
ApeosWare Management Suite 2を利用し、複合機で受信したファクスやスキャン文書のフォーマット変換・OCR処理・属性変換などの登録の流れが自動化できます。

必要な環境とソフトウェア

  • 複合機 Apeos、ApeosPort シリーズ(別売)
  • ApeosWare Management Suite 2 / ApeosWare Management Suite 2 Flow Management Option(別売)
  • DocuShare 登録プラグイン for ApeosWare Flow Management

属性を利用した効率的な文書検索

オフィスで利用する様々な文書に適切な属性を付けることで、容易に目的の文書を探せ出すことが可能です。

詳しく見る別窓で開きます

[ 文書検索の効率化 ]適切な属性設定で、迅速な文書検索を実現します

文書の種類ごとに管理のための属性が設定できます。適切な設定により、文書管理や検索、保管期限の管理などに利用できます。
クイックサーチオプションにより、文書の種類ごとに必要な検索項目のみが切り替え表示でき、検索作業の効率化が図れます。

必要な環境とソフトウェア

  • 複合機 Apeos、ApeosPort シリーズ(別売)
  • DocuWorks 9 / DocuWorks 9.1(別売)
  • DocuWorks 文書情報エントリー(別売)
  • DocuShare クイックサーチオプション

[ 電子文書の管理強化 ]タイムスタンプを利用して、電子文書の真正性を向上させます

電子化した文書にタイムスタンプを付与することで、電子文書の存在、非改ざんを証明し、証拠としての能力を向上させます。
タイムスタンプの一括検証機能により、定期的な社内監査や調査などへの対応力を向上させることができます。

必要な環境とソフトウェア

  • DocuShare タイムスタンプオプション
  • PAdES文書作成アプリケーション注1 (別売)
  • 注記タイムスタンプの利用には、アマノビジネスソリューションズ株式会社の「アマノタイムスタンプサービス3161」の契約が必要です。
  • 注1対応するアプリケーションは、弊社営業にお問い合わせください。

まずは富士フイルムビジネスイノベーションにご相談ください。
ご希望の条件や、現在使用している商品の情報をご記入いただければ、お客さまのご要望に合ったご提案をいたします。

  • 2022年3月22日

    動作環境を更新。

  • 2022年2月10日

    動作環境を更新。

  • 2021年10月26日

    動作環境を更新。

  • 2021年7月1日

    オプション商品「DocuShare モバイルオプション 7.5」、「DocuShare 連携オプション for Working Folder 7.5」、「DocuShare 外部アクセス for Apeos 7.5」、「DocuShare タイムスタンプオプション 7.5」、「DocuShare 文書管理支援コマンドオプション 7.5」、「DocuShare Scan and Print 7.5」の販売を開始。

  • 2021年3月26日

    DocuShare 7.5の販売を開始。