富士フイルムビジネスイノベーション

スキャンしたデータをパソコンに保存できない

スキャンしたデータをパソコンのフォルダに送信できない・できなくなった場合対処方法についてご説明します。
異常終了した際に出力されるレポートの「エラーコード(3桁-3桁の番号)」から、原因と対処方法を確認できます。
※ここでは「スキャナー(PC保存)」のトラブル対処方法をご案内しています

スキャンしてPCへ保存する

こんな症状のときに本文書が役に立ちます。

スキャン文書の保存が急にできなくなった!
新しくスキャン設定しようとしたらうまくいかない!
WindowsUpdate後から急にスキャンできなくなった!
 

スキャンした文書を保存する方法には、「スキャナー(PC保存)」のほかに、3つの方法があります。
複合機のボックスへの保存、メール送信、USBメモリーへの保存については、関連情報をご確認ください。

 

エラーコードの確認方法

スキャン文書をパソコンのフォルダに保存するためには
複合機側の設定(宛先の設定)受信側の設定(パソコンやサーバ・フォルダの共有設定)を行う必要があります。
保存できない原因は、大きく3つに分けられますが、「エラーコード」がわかるとスムーズに原因を調べられます。

原因 主なエラーコード
パソコンと複合機が通信できない(SMB通信エラー) 018-747 018-755 018-756 018-757
027-516 031-528
ユーザー名・パスワードの問題(認証エラー) 018-505
保存先フォルダの問題
(フォルダ・パソコンの共有設定)
018-543 018-772 018-773

未送信レポートから、エラーコードを確認しましょう

report

スキャン時に排出された「未送信レポート」の右下にエラーコードが記載されています。
※画像をクリックすると拡大して表示できます

 

エラーコードごとの対処方法(原因別対処方法)

パソコンと複合機が通信できない(SMB通信エラー)

データ保存先のパソコンを、複合機が見つけることができない場合のエラーです。
「SMBサーバがみつかりませんでした」と表示されていることが多いです。

ネットワークの設定変更があった場合や、パソコンのIPアドレスが変わった場合などに発生します。またWindowsアップデートやファイアウォールソフトのアップデートに伴い、設定が自動で変更になった影響で発生することがあります。

対処方法

通信経路の状態、複合機の宛先表、パソコンとフォルダーの共有設定、セキュリティ対策ソフトの設定を確認します。

 

ユーザー名・パスワードの問題(認証エラー)

転送先のパソコンへ、ログインできない場合に表示されるエラーです。
「サーバー名(パソコンのホスト名)」「共有名」「ユーザー名」「パスワード」に変更はありませんか。

対処方法

パソコン側で、ユーザー名とパスワードを確認し、複合機側で宛先帳の設定を確認・変更します。

WindowsUpdate後に「018-505」が表示されて、スキャンできなくなった場合

パスワード保護共有設定が自動的に変更されたことによる影響です。以下の手順書に沿って設定をご確認ください。

 

保存先フォルダの問題(フォルダ・パソコンの共有設定)

保存先のフォルダがみつからない、または書き込む権限がない場合に表示されるエラーです。

対処方法

保存先のフォルダーの状況を確認します。

  • フォルダーは存在していますか?ない場合には新たに作り直します
  • 共有フォルダーのアクセス権を確認します

フォルダーを作り直した場合には、複合機のアドレス帳を設定・変更してください。

 

その他のエラーについて

エラーコード検索からご確認ください。

関連情報

スキャンした文書の保存方法には、パソコンへの保存(PC保存)のほかにも、3つの方法があります。
複合機のボックスへの保存、メール送信、USBメモリーへの保存については、以下の手順をご確認ください。

お困りの際は

弊社カストマーコンタクトセンターまで、お気軽にお問い合わせください。

 パソコン設定に関するお問い合わせ  
(webからのお問い合わせ)

 

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答